<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ヘリンボーン・床施工

某所にて、店舗の改装工事をさせていただいております。
今回ご紹介するのは、大工さんの力作! 素敵な床貼りの方法を紹介します。


施工前の写真です。
解体後ボコボコになっていた地面をセメントで平らに慣らし、下準備は完了です。

e0253265_17462930.jpg

ここからが大工さんの仕事です。

セメントの上から床材を組み上げていきます。


“ヘリンボーン” という模様をご存知ですか?
元々は魚の骨を図案化した柄だそうなのですが、
最近では洋服やカーテン等にも使われている一般的な柄(模様)です。

それを床材で作っていきます!



e0253265_1747127.jpg


一個一個手作業で組み上げていきます。
少しでも角度が狂うと大事ですので、微調整を加えながらの施工です。


通常、床材を貼る時には 長方形の材料を縦に 縦に貼り伸ばしていきますが
このヘリンボーン柄にしようとすると、数倍の手間と時間がかかります。

全体的に色合いも偏らないようバランスを取りながら、あとは大工さんのセンス次第ですね。

徐々に貼り進めていくと。。。


e0253265_16582445.jpg

こんな感じに仕上がってきます!



この後はしっかりクリーニングをして、床を磨きあげてピカピカにして完成です!
もちろん、店舗だけではなく通常の住宅でも施工可能です!

一味違ったオシャレなフローリング、いかがですか?
ご相談・お問い合わせは当社まで(o^―^o)


\\\\ ٩( 'ω' )و ////★*゚* 鈴木産業HP  *゚*☆



[PR]

by suzuki_blog | 2014-09-29 23:41 | 店舗リフォーム | Comments(0)

フローリングのリペア

先日、某所にて マンションリフォームをさせていただきました。

退去後の物件には付き物の ボロボロに痛み、剥がれた床が部屋内に数ヶ所ありましたので
貼り替えはせずに 補修の範囲でさせていただきました。

床に不自然に貼られたガムテープを剥がしてみると。。。
e0253265_89938.jpg
下から大きな破損部分が出てきました。

 
結構重症です。
画像には写せていませんが、もっと手前側までヒビ割れがあり 床材自体が盛り上がってしまっています。



幸い、被害が周囲に広がっておらず フローリング材 1ピース分だけの補修で可能な状況でしたので
しっかりとピースの周りを養生し 痛んだ部分を完全に除去して キッチリと下地を造り直します。

e0253265_893248.jpg

ちなみに別の破損ヶ所も同じように下地を形成します。

e0253265_8103219.jpg


入念に下地処理後、面出し(平らにする作業)をして 塗装をします。

ぼかし塗装と木目や目地を着色後、ツヤ調整と表面保護の処理をすると。。。

e0253265_8131113.jpg
こんな風に仕上がりました!


別の補修ヶ所もこんな風に完成しました!
e0253265_8135079.jpg

出来る事なら、フローリングを貼り替えるのがベストだと思います。

ですが、貼り替えとなると 予算もかかってしまう  工事の日数もかかってしまう 
床の工事以外にも必要になる可能性ですら出てきます。

お客様の希望される予算と時間の中で、ボロボロになってしまった賃貸物件の原状回復でも 
当社では出来る限りの努力をさせていただいております。



(´・ω・)ノ★*゚* 鈴木産業HP  *゚*☆


[PR]

by suzuki_blog | 2014-09-26 21:34 | リペア工事 | Comments(0)

お盆休みは小笠原諸島へ

個人的な話ですが、お盆休みに“世界遺産の小笠原諸島” まで行ってきました!

私自身2度目の小笠原旅行でした。
奥さんが昔、小笠原で働いていた事もあり 今でも友人達が島で暮らしています。
ガイドさんをしたり 自営をしたり 環境保全の仕事をしたり。。。  皆たくましく暮らしています。

そんな友人達に甘えて(2度目) 行ってきました!!


東京の竹芝桟橋から、25時間半の船旅を経て 辺りを見渡せば。。。 
e0253265_16594997.jpg
東京湾のグレーの水面とは違う 一面の青空、一面の海!
一瞬で現実逃避できます!ヽ(*´∇`*)ノ

水平線が目の前に広がり、ぬける様な青い海は 
愛知に居たらまず見られない光景です。


カヤックしたり シュノーケルしたり 無人島に上陸したり 沈没船を探索したり  4泊の滞在中、目一杯満喫してきました。
e0253265_8262871.jpg



大きなクルーザーを出してもらって、沖でイルカの群れを見つけ海へダイブ!

自分のすぐ横にイルカが泳いでいて、水中で鳴き声が聞こえたり イルカと目が合ったり 貴重な体験です。

e0253265_8265498.jpg
おなかにくっついているのはコバンザメですかね?


シュノーケリング中に水中カメラで撮影してみました。
e0253265_834369.jpg

もう手の届く距離に 魚が泳いでいたり(これはロクセンスズメダイかな?)、
足元には綺麗なサンゴが並んでいたり    のんきに漂っているウミガメに遭遇したり。。

人間が踏みこんじゃいけない神秘的な世界が体感出来ます。


泳ぐのが好きな人、釣りが好きな人、山や緑が好きな人、街での生活に疲れた人、のんびりバカンスを過ごしたい人、
オススメです!

泳げない人や マックやスタバが無いなんて耐えられない!なんて人も この際だから是非!笑



\\\\ ٩( 'ω' )و ////★*゚* 鈴木産業HP  *゚*☆



[PR]

by suzuki_blog | 2014-09-10 21:26 | その他 | Comments(0)

お盆休みは実家へ帰省

さて、夏休みも終わり皆さんの生活も忙しい毎日に変容してきたと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。
お盆休みは私は実家がある富山県に帰省してきました。内容としては、もちろんお墓参りがメインだったのですが、この仕事を始めて以来初の帰省ということで、祖父母や親戚等各所をまわり現状報告をしてきたり、高校時代からの友人にも報告を兼ねて飲み会もしたのですが、それより何よりここで報告したいのは富山の食の美味しさです!!
何といっても富山といえば海の幸!!寿司!!寿司がとにかく美味しい!富山の回転ずしといえば「きときと寿司」と「番やのすし」という2代巨頭なのですが、両者ともに産地直送の新鮮な魚が売りで、海に近い店であればあるほど美味しいという都市伝説まで存在しています。我が家では番やのすしが主流でして、家族全員で行ってきました。
何枚かご紹介しますと、番やのすしは盛り合わせメニューが豊富です。まずは圧巻のサーモンづくし。中でも一番手前のサーモンイクラは若者の私にとっては見ているだけで幸せな気分になってきます。
e0253265_17455924.jpg


次に定番トロづくし。どれも肉厚で大きく顔が微笑んでしまいます。
e0253265_17472428.jpg


ボタンエビも最高です。甘エビの数倍口いっぱいにエビの香りと甘さが広がります。
e0253265_17485875.jpg


そして、富山といえばホタルイカ。しかも沖漬けです。
e0253265_17492978.jpg


店の内装はこのような感じです。調理場の中央の水槽で魚が泳いでいます。この水槽から魚を取り出しその場でさばくので新鮮な理由がわかります。
e0253265_17511998.jpg


ぜひ富山にお越しの際は魚を食べに来てください。また富山湾、氷見湾は釣りでも有名なスポットが各所にありますので、釣るのも食べるのも、魚を楽しむのにはいいところだと思います。ぜひ1度お越しになってください。
次に帰省するときは何を食べようか期待に胸を膨らませながら、仕事に精を出そうと思います!
                                                     投稿者:嶋田






•\\\\ ٩( 'ω' )و ////★*゚* 鈴木産業HP  *゚*☆



[PR]

by suzuki_blog | 2014-09-10 18:03 | その他 | Comments(0)

床施工 SL工事

某所にて、SL工事をしました。

SLとは “セルフレベリング ” の略だそうでして、水平な床を作り出す 大切な工事です。

改装などで既存の床を解体するとボコボコになったりします。
そのままでは新しい床材が貼れないので、平らにしてあげる必要がありますね。

そういう時にはSL工事の出番です!

水のようなサラサラの材料を流し込み硬化させると、自然と円滑な面が出来上がります。


今回の現場は施工前はこんな感じでした。
e0253265_1725104.jpg

まずは下地処理です。
ゴミや突起物の除去をし、専用のプライマー(接着力を強める物)を塗っていきます。
硬化後の耐久力に関わる大事な作業です。
e0253265_17281674.jpg

下地が終わったら準備完了!
いよいよポンプ車からホースで材料を流し込みます。

のんびりしていると硬化が始まるので、手早く流し 職人さんが細かな微調整をしていきます。
e0253265_17283878.jpg


施工範囲を全部満たして完成!

このまま2~3時間ほど乾燥させます。
硬化が進むにつれ色が変化していきました。茶色が段々と薄くなり 白に近い色になってきます。
e0253265_172851.jpg
最初のデコボコだった床とは思えぬほどの平面になりました。
これで安心して床材を貼って仕上げられます。

一気に材料を流し込む事により、職人さんの手作業でやるよりもスピーディーで 広い範囲の施工時には最適です。


(´・ω・)ノ★*゚* 鈴木産業HP  *゚*☆



[PR]

by suzuki_blog | 2014-09-04 19:29 | 店舗リフォーム | Comments(0)
line

鈴木産業のスタッフブログです。


by suzuki_blog
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30