<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


♬ラ~ブレター・フロ~ム・カナダ~♬vol.3


♬どんなに楽しい~旅でしょう~♬って畑中葉子さんの登場まで映像で浮かぶのは私だけではないはずですよね。

続きましては、同じブリティッシュコロンビア州立大学の木造階段ですが、よーく見ると

e0253265_09584148.jpg
e0253265_09585322.jpg

柱がないのです。まさに「空飛ぶ階段」。当然登りましたが、怖かった~!
しかも、踊り場にクラックも。かっこいいけど、ねえ。

続いてマンション建設現場へも訪問。ここ数年でバンクーバーの地価が高騰しているとのことで、高級マンションも郊外にて建設ラッシュのようです。

e0253265_09594457.jpg
e0253265_09595991.jpg
e0253265_10015545.jpg
いましたよ、ボード張り職人さん。
e0253265_10023745.jpg
しかし、彼らはボード張り専門ではなく、ペンキ職人さんとのこと。バンクーバーでは仕上げの職人さんが下地のボードを張るのが通例だそうです。正直隙間やビスピッチなど荒い仕上がりでした。国民性でしょう。日本がマメすぎるのか?外国がラフなのか?

ダブルスタンダードとして納得したような、させられるような、それが海外視察なんでしょうね。実際に行ってみて、この目で耳で鼻で感じて初めて分かることばかりです。
「知行合一」                  
                                      A/S




[PR]

by suzuki_blog | 2018-05-31 12:16 | その他 | Comments(0)

♬ラ~ブレター・フロ~ム・カナダ~♬vol.2


♬もしもあなたがァ~、一緒にいたァらァ~♬
平尾昌晃先生、名曲をありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。

次はブリティッシュコロンビア州立大学(UBC)へ見学に。そこではなんと・・・・・・

e0253265_09591421.jpg

e0253265_09590297.jpg
e0253265_09592979.jpg

これ、学生寮なんですが、なんと!「木造18階建て」なんです。1階の基礎はRC造ですが。
9名の職人さんで建て方し、約2か月で完了したそうです。RC造なら約2週間で1フロアで工期が断然短縮されますし、職人さんの数も全然少なく職人さんの人手不足に対応できる、
新工法であると思われます。が、300年位大きな地震がないバンクーバーです。これから起こってしまうのではと心配されているようですが、いかに。耐震補強対策はなされていると設計したUBCの教授から説明がありましたが。その耐震基準は地震大国日本ほどの明確なものはないそうです。1980年後半に起きたロス、サンフランシスコ地震が北米西海岸に起こったばかりですが・・・

e0253265_10013158.jpg


各フロアには補強の金物を、また

e0253265_10012525.jpg

各フロアと、構造柱はセパレートになっていて、揺れに対して影響を抑える構造とのこと。
すごいですね。自然と最新技術とのコラボレーションはこれからも開発し続けていくのでしょう。我々建築業者もどんどん吸収して、お客様に、社会に、貢献しなければと思います。
たまにはまじめに。                  
続きます。                             A/S



[PR]

by suzuki_blog | 2018-05-31 11:53 | その他 | Comments(0)

♬ラ~ブレター・フロ~ム・カナダ~♬vol.1

 このタイトルでこの歌を自然に口ずさむ方々が最近少なくなり、一抹の寂しさを感ている今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

先日の5月9日から14日までの6日間、カナダのバンクーバーへ研修旅行に行ってまいりました。時差ボケで苦しむ初日は、ホテルで休む事無くバンクーバーオリンピックのスケート会場であった、「リッチモンドオリンピックオーバル」へ
e0253265_09570317.jpg


ほぼ木造(構造も)、特に天井が圧巻です。これはエントランス
e0253265_09572176.jpg

通気口があり、素晴らしい曲線の仕上げ。なんと処分する破材を使っているとのこと。
e0253265_09573499.jpg
次に外側に、雨どいに工夫が・・・
e0253265_09580614.jpg
緑の部分を伝って雨水や雪解け水が流れ落ち、床の側溝を伝って・・・

e0253265_09581803.jpg
貯水池へ。この水がまた再利用されているのです。かっこいいですよね。
次はバンデューセン庭園のエントランス。
e0253265_09582375.jpg
木でこの曲線。素晴らしいです。(ちなみに時差ボケと格闘中の私。眠い!)
Vol.2ではブリティッシュコロンビア大学のすごい建物をご紹介します。

                                    A/S


[PR]

by suzuki_blog | 2018-05-31 10:37 | その他 | Comments(0)
line

鈴木産業のスタッフブログです。


by suzuki_blog
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31